Solidityとは?スマートコントラクトの開発に必須の言語!需要と将来性は

2022.11.02

Solidityとは?スマートコントラクトの開発に必須の言語!需要と将来性は

ブロックチェーン技術の進化や、次世代インターネット「web3.0」への注目が集まっていることで、開発言語であるSolidityにも注目が集まっています。

仮想通貨「イーサ」のプラットフォームであるイーサリアムの専用プログラミング言語として注目されており、今後はさらに需要が高まると予想されます。

このページでは、Solidity(ソリディティ)の概要と開発できるサービス、そして将来性について解説します。

Solidityとは

Solidityとは

まずは、Solidityの概要を解説します。

ブロックチェーンの開発に欠かせないSolidity

ブロックチェーンは、中央集権的なサーバーを介さず、P2P方式により複数のコンピューターで管理している分散型のデータベース技術を指します。

そしてスマートコントラクトによって契約も自動化することで、取引を迅速にかつセキュリティを向上させられる点が特長です。

スマートコントラクトとは、取引や契約を自動的に実行するプログラムを指し、実行するには専用のプログラミング言語であるSolidityが必要になります。

Ethereum(イーサリアム)が開発

仮想通貨といえばビットコインをイメージする方も多いかもしれませんが、イーサリアムによってより複雑な取引や契約が可能になりました。

イーサリアムは、多くの開発者が多様な目的のソフトウェアを自由に開発することができ、ユーザーも自由に利用できるプラットフォームとして、Dappsという分散型アプリが金融業界を中心に注目されました。

そのイーサリアムが開発したプログラミング言語がSolidityであり、イーサリアムで開発を行うには必要不可欠の言語となります。

Solidityで作れるもの

Solidityで作れるもの

次に、Solidityでどんなアプリケーションを開発できるのか解説します。

スマートコントラクトを用いるDappsでDeFiの開発 

ブロックチェーン上で多く用いられているスマートコントラクトですが、このスマートコントラクトを応用させたものとしてDappsがあります。

Dappsは、スマートコントラクトを利用して実現できる分散型アプリケーションであり、代表的なシステムに、分散型金融システムのDeFiがあります。

DeFiとは、銀行や証券会社、仮想通貨取引所などの仲介を必要とせず、個人間で直接金融取引を行えるシステムです。

例えば、今まで海外の金融商品に投資する場合は、日本円を投資先の通貨に交換し、高い手数料を負担する必要があったり、入出金に時間を要したりといった不便がありました。

DeFiでは、全ての取引がブロックチェーン上で行われるため中央管理者を介す必要がなく、信用履歴審査や本人確認も不要な点や、手数料が安いという点がメリットです。

DeFiが注目されたことによりイーサリアムの価値も高まり、Solidityの重要度も高まっているといえます。

NFTの開発にも対応

Dappsでは、NFT(代替不可能なトークン)の開発にも対応しています。

NFTとは、デジタルアートやゲーム、音楽、漫画などコピーが容易なデジタルデータに唯一無二な資産的価値を付与する技術のことであり、中には数億円もの価値になるアート作品もあります。

いずれもイーサリアムで開発を行うのが基本のため、実装には必須言語であるSolidityが使用されます。

Solidityの需要と将来性は高まる 

Solidityの需要と将来性は高まる

最後に、Solidityの需要と将来性が高い理由について解説します。

イーサリアムの将来性が高い

イーサリアムは誰でも設計・開発できる柔軟性をもち、その専用言語であるSolidityもJavaScriptに似た文法が採用されています。

今後はエンジニアの職種を問わず、個人から企業まで様々なユーザーがさらにSolidityを活用していくことになるでしょう。

また、イーサリアムはDappsのプラットフォームとして、NFTなどのアート分野の開発にも対応しています。今や多くの大手企業がNFT市場に参入しており、今後はさらにSolidityの需要が拡大すると予想できます。

次世代インターネット「Web3.0」に注目度が高まっている

Web2.0では、SNSの普及や動画サイトの利用が急激に拡大しましたが、それゆえに巨大プラットフォーマーによる個人情報の寡占や、プライバシーの侵害に関する問題へ関心が高まっています。

次世代インターネットであるWeb3.0は、ブロックチェーン技術を活用した分散型(非中央集権型)インターネットであり、Solidityを用いるDappsやNFT、DeFiのようなブロックチェーン技術を用いた技術として注目されています。

情報漏えいの問題や個人情報保護に関する懸念を解消できるものとして、経済産業省でも「大臣官房Web3.0政策推進室」を設置して、Web3.0を推進する体制を強化しています。

今後はさらにWeb3.0の活用が増えると予想されるため、Solidityへの需要も高まると言えるでしょう。

まとめ

Solidityとは?スマートコントラクトの開発に必須の言語!需要と将来性は まとめ

Solidityについてまとめると、ブロックチェーン技術の中でも注目度を高めているイーサリアムの必須言語として今後も需要が高まると言えるでしょう。

スマートコントラクトを用いるDappsでは、分散型金融システムのDeFiだけでなく、NFTの開発に対応しており、いずれの開発にもSolidityは必須です。

Solidityはシンプルで記述しやすい言語であることや、将来性の高いイーサリアムの使用言語であることから将来性が高いといえます。

そして、ブロックチェーンを用いた技術として注目されているWeb3.0の活用が増えることも、Solidityの将来性が高いとされる理由です。

ブロックチェーン技術を活用して様々なアプリケーションを開発したいと考えている方は、ぜひSolidityを活用してみてください。

★以下の記事もよく読まれています。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら