AWS導入のメリットとは?特長を知って開発効率を上げる!

2022.10.13

AWS導入のメリットとは?特長を知って開発効率を上げる!

DXの推進や開発効率の向上のため、クラウドサービスの活用が進んでいます。

パブリッククラウドの中でも世界シェアNo.1を誇っている「AWS」は、任天堂株式会社や株式会社DNAを始めとする多くの企業が活用しています。

このページでは、AWSの特長と導入のメリット、そして効率的に利用する方法について解説します。

AWSの特長と導入メリット

AWSの特長と導入メリット

まずは、AWSの特長と導入するメリットについて解説します。

インフラ構築しやすい

オンプレミスでインフラを構築する場合は、運用するシステムとリソースを見積もるサイジングを綿密に行う必要があり、初期費用も高額で設置作業も大がかりなものでした。

一方で、AWSは従量課金制のため初期費用は不要であり、管理者画面やAPI経由の操作をすればインフラ構築できるため、すぐに新規プロダクトの開発に取り掛かることができます。

ユーザーのニーズが変化しやすく予測しにくい今では、短期間ですぐにプロダクトを生み出せる仕組み作りは重要です。

ITリソースの変更も容易

従来は、事前にユーザー数の成長を予測しそれを上回るサーバーを用意する必要がありましたが、AWSはワンクリックでその都度サーバー台数を増減させることが可能です。

また、稼働中のサーバーのCPUやストレージのサイズを変更することもできるため、例えば利用者が少ない夜間はサーバーのスペックを下げ、イベント時などの繁忙期には一時的に増強させるということもできます。

属人性を排除して開発速度の向上と効率化が実現

AWSは、マイクロサービスアーキテクチャ向けのプラットフォームなので、システムが巨大化し、異なるOSやデータベース、フレームワークを用いていても開発しやすい特長があります。

マイクロサービスでは「CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)」が可能なので、人的リソースを他にあてることができます。

それによって、エンジニアは企画や要件定義、設計などクリエイティブな業務に集中することができ、ユーザーのUXを高めるプロダクトを生み出すことにつながります。

多様で高機能な最先端技術を利用できる

現在、AWSには200を超えるサービスを提供しており、2020年には2,757個の新機能をリリースするほど、最新技術を実装し続けています。

多くのサービスを一度にAWSで構築できるため、既存のソフトウェアとの整合性を確認する必要がなく開発スピードを上げられます。

そして、AWSのサービスにはストレージの確保や静的コンテンツの配信、データベースの活用だけでなく、ビッグデータの分析やIoTサービス、機械学習など最新技術にも対応しているため、幅広い開発に役立ちます。

セキュリティ性が高い

AWSでは、高いセキュリティ機能を実装しています。

例えばクレジット業界の標準である「PCI DSS」や、米国政府がクラウド製品に対してセキュリティ評価を行うプログラム「FedRAMP」といった、第三者機関による認証を多く取得しています。

また、AWS側でセキュリティ対策の最新化を行っているため、利用者はバージョンのアップデートをする必要が無いこともメリットといえます。

AWSの利用が向いているケース

AWSの利用が向いているケース

次に、AWSはどんな開発に適しているのかを解説します。

アジャイル開発、DepOpsが浸透している現場

Webサービスやアプリ、ゲームなどは頻繁に仕様の変更や修正を加えてユーザーのニーズに対応していく必要があるため、アジャイル開発手法やDepOpsの概念が採用されています。

AWSは、拡張性が高く、容易に機能の追加も可能なうえ、DepOpsのツールとしてCI/CDやマイクロサービスなどを提供しているため上記のような開発に向いているといえます。

★以下の記事もよく読まれています。

拡張性と可用性が求められる開発 

AWSはサーバーのインフラを提供するIaaSを提供しているので、自社の既存システムと親和性を高めたい場合や、カスタマイズを加えたい場合に適しています。

また、AWSのデータ保存サービスである「S3(Amazon Simple Storage Service)」は、100%近い可用性を誇っています。

容量無制限でデータを保存することができ、システム障害が起こった場合にも安定的に使えてデータ消失の可能性も低いという特長があります。

膨大なデータを活用したビッグデータ分析を行う場合や、クラウドネイティブアプリケーションを実行したい場合に活用できます。

海外へのシステム展開を考えている

海外にシステムを展開する場合、従来では現地のデータセンターとの契約や現地視察を行う必要があり、労力もコストもかかる作業でした。

AWSは245か国でサービスを提供しており、他のパブリッククラウドと比べて利用可能国が多いため、将来的に海外へのシステム展開を考えているシステム開発に向いています。

AWSを効率的に活用するには

AWSを効率的に活用するには

最後に、AWSを効率的に活用する方法について解説します。

前提知識や最新技術のキャッチアップを行う

クラウドサービスの利用が初めてで前提知識が無い場合、AWSの導入や運用に不安が残る場合もあるでしょう。

事前にオンプレミスとクラウドサービスの違いや移行作業、AWSの基本について習得しておくと共に、AWSの知見がある専門のエンジニアを育成する必要があります。

AWSはリリースも頻繁に行っているため、定期的に社内で勉強会の機会を設けて、常に最新情報をキャッチアップできるような取り組みが求められます。

無料枠を活用する

AWSには、既存システムとの相性が不明確な場合でも導入しやすいように、無料枠が用意されています。

そして、24時間365日の日本語によるサポートがあるため、不明点をすぐに解消できる仕組みも整っています。

人材サービス型AWSパートナーもある

IT人材不足を解消する取り組みとして、AWSでは「AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト」レベルのエンジニアを育成するトレーニング支援を行っています。

トレーニングを終えたエンジニアは「人材サービス型AWSパートナー」にて実務を通じたOJTを行い、業務経験を積むことができます。

「人材サービス型AWSパートナー」へのリンク

AWSを扱えるエンジニアを育成したいという方や、クラウド時代に求められるIT人材を増やす取り組みに関わりたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

AWS導入のメリットとは? まとめ

AWS導入のメリットについてまとめると、インフラ構築やリソースの変更が容易にでき、生産性を向上することができるといえます。

AWSは、迅速に機能の追加や変更が行えるため、アジャイル開発やDepOpsと相性が良いのも特長です。

また、拡張性や可用性が高いため、膨大なデータを扱うビッグデータ分析などを行う場合にも活用できます。

AWSを効率的に活用するためには、AWSに知見があるエンジニアを育成し、最新技術のキャッチアップを行う取り組みが求められます。

「人材サービス型AWSパートナー」のような育成システムを活用し、社内でAWSエンジニアを内製化することができれば、IT人材不足の解消にもつながります。

AWSを活用して自社のシステム開発に活かしたいと考えている方は、ぜひ活用してみてください。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら