MECとは5Gの弱点を発生しづらくする規格|実現できる活用例も紹介

2023.03.14

MECとは5Gの弱点を発生しづらくする規格|実現できる活用例も紹介

MECは5Gの弱点を発生しづらくする技術として、超低遅延通信を活用した通信やデータ処理、さらには高いセキュアが実現できる企画名称です。

ここでは、5Gの特徴からMECと5G弱点の関係、MECを導入することで実現できること、加えてMECの活用例などを詳細に紹介します。

MECとは

MECとは

5Gの弱点を発生しづらくする規格

MECとは5Gを最大限に活かすための規格名称で、「Multi-access Edge Computing(マルチアクセスエッジコンピューティング)」を略したものです。

通信を行うスマートフォンやIoT機器などのデバイス近くにサーバーを分散配置して、データ処理のレスポンスを早めながら、通信の最適化や高速化を行うことを目的としています。

5Gの特性である「高速大容量」「超低遅延通信」「多数同時接続」のうち、主に「超低遅延通信」を実現するために活用される技術なのですが、ネットワーク負荷の軽減やセキュアな通信の実現にも役立ちます。

5Gの特徴

2020年3月より日本で開始された商用サービスである「5G(5th Generation)」は、第五世代の移動通信システムで、次世代の通信インフラとして社会に大きな技術革新をもたらすといわれています。

4Gと比較したときの5Gが持つ代表的な特徴としてあげられるのは、「高速大容量」「超低遅延通信」「多数同時接続」の3つです。

高速大容量は、「Massive MIMO」というアンテナ技術を用いて電波の強度を上げ、遠距離での高速通信を実現することにより可能になります。

高画質な動画の通信や膨大なデータ量の通信にも耐えることができるため、スポーツやライブなどの映像配信のクオリティが高まり、VR(仮想現実)のような形式で臨場感のある映像を楽しめるようになります。

超低遅延通信は、デバイスとサーバーの物理的な距離を縮めるため、基地局の近く(エッジ)にサーバーを設置することにより通信経路を短くしてリアルタイム性を確保する規格です。

自動運転や遠隔地でのリアルタイムなロボット操作が可能になると期待され、LINEやSkypeなどのビデオ通話や、オンラインゲームでの対戦などで遅延が起きにくくなります。

多数同時接続は、「グラント・フリー」という技術でデバイスと基地局の通信をシンプルにして、デバイスの同時接続数を多くするというものです。

IoT化が進んでいる現在では、多数同時接続が可能な通信システムを用いて、エアコンや洗濯機などの家電製品をコントロールできるスマートホームが実現しています。

5Gの弱点とMEC

5Gはインターネットを快適に利用できるシステムですが、4Gと比べて電波の到達距離が短く、5Gの電波を発信する基地局はまだ少ないため、基地局から離れている場所では電波が届きにくくなります。

その結果、通信の遅延が発生してしまうケースが発生し、それが5Gの弱点の弱点といえるでしょう。

そこで登場するのがMECです。

MECは5Gの特徴である「高速大容量」「超低遅延通信」「多数同時接続」のうち、おもに「超低遅延通信」を実現するために活用される技術で、より端末に近い場所にエッジサーバーを構築することで、レスポンスを早めて低遅延を実現します。

つまり、デバイス端末とサーバーまでの距離が遠いことでリアルタイム性が失われるなら、端末の近くにサーバーを用意して遅延が発生しにくくするというのがMECの技法なのです。

MEC導入で実現できることは

MEC導入で実現できることは

リアルタイム性の向上

モバイル端末やIoT機器などのあらゆるデバイスから取得したデータをエッジ上で分散し、処理を実行するのがMECのシステムです。

クラウド上のサーバーへ情報を送信する前に利用している端末側に近い部分で処理を行うため、処理に対するレスポンスが早くなり、クラウド上のサーバーからの応答を待つよりも高速な処理を実現します。

ネットワーク負荷の軽減

MECのシステムを活用して高画質映像などの大容量データをエッジで処理することにより、クラウド上のサーバーにデータのすべてを送らないので、ネットワーク帯域を圧迫する可能性が少なくなります。

そのため、データ通信量や処理時間、通信コストを削減することが期待できます。

セキュアな通信の実現

インターネットに出る前のネットワークに配置されるエッジサーバーで、さまざまなデバイスから送られてくるデータを処理する仕組みがMECです。

重要なデータを閉じたローカルネットワーク内で処理してから、匿名性の高いデータへ変換してクラウド上のサーバーへ転送することが可能になるため重要なデータを保持することができ、安心安全で頑丈なセキュリティ通信が可能となります。

また、クラウドと機能分担することで、災害などの有事に備えたBCP対策にも有用です。

MECの活用例

MECの活用例

遠隔技術の活用

5Gの「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」は、遠隔技術を要する分野で重要です。

その一例が、医療現場です。

医師不足になっている遠隔地では医師が診療する毎にその地へ赴いたり、患者が遠くの病院まで足を運ばなければなりません。

5Gを活用した遠隔診療は、医師や患者の負担になる「距離」を縮めることができます。

しかし、5Gには弱点があることからMECを導入することによって、高精度な画像や映像がリアルタイムで共有できるようになります。

加えて、遠方にいる熟練専門医が手術中に助言する「遠隔手術支援」が進むことや、医師が遠方にいても「遠隔手術」の実現も期待できます。

MECで高セキュリティな閉域網を利用すれば、患者の個人情報の送受信を安全に行うことができるのも利点です。

また、人が立ち入ることが危険な建築現場や災害復旧現場で行われるショベルカーなどの遠隔操作、近年開発されている自動運転なども、5GとMECを組み合わせた技術で発展していくでしょう。

IoTのリアルタイム監視・管理

5Gが持つ特徴の一つである「多数同時接続」はIoT化を加速させます。

医療分野での医療機器や院内設備の管理や農業での気象や土壌、生育センサーなどの監視、防犯・防災面でIoTによるリアルタイム監視・管理は役立ちます。

このような複数の機器を同時に管理することが求められる現場では、膨大なデータを収集してAIが解析することで精度を上げます。

商業施設ではユーザーの導線分析をマーケティングに活用したり、リアルタイムの在庫管理・自動発注なども可能になるでしょう。

ここでも、MECを導入することにより、基地局が少ないために発生する通信の遅延を防ぎ、スピーディーかつ高いセキュアでリアルタイムの監視や管理が実行できます。

働き方改革の推進

厚生労働省が推進している「働き方改革」の1つにある「柔軟な働き方がしやすい環境整備」では、時間外労働削減や年次有給休暇取得促進、 勤務間インターバル導入、労働時間の適正管理などが課題となっています。

その根本にある「安全で健康に働くことができる職場づくり」には、5Gの活用が欠かせません。

5Gを導入することで、「高速大容量」「超低遅延通信」「多数同時接続」を活用した業務が可能になるでしょう。

しかし、5Gの基地局から離れているオフィスや地方でリモートワークを行っている従業員は、5Gの特鋼を最大限に生かすことができない可能性があります。

そこで、MECでローカル5G端末やWi-Fi機器などからのアクセスに考慮した環境を整えることで、スピーディーな大容量データの取り扱いが可能になり、レスポンスの向上やクラウドへの通信量の削減が実現できます。

結果、企業の生産性を高めるとともに従業員の負担が減り、労働時間の適正管理などに繋がります。

まとめ

MECとは5Gの弱点を発生しづらくする規格|実現できる活用例も紹介 まとめ

5Gは次世代の通信インフラとして社会に大きな技術革新をもたらすといわれていますが、電波を発信する基地局の数が少ないことや電波の到達距離が短いといった弱点があります。

そのため、5Gの電波が届く範囲にいなければ「高速大容量」「超低遅延通信」「多数同時接続」の利便性を実感できません。

MECは各デバイス端末に近い場所に設置することで、レスポンスが早くなり、5Gの「超低遅延通信」を実現できる規格です。

また、高セキュアな通信も可能なので注目を集めています。

MECを活用することにより、より多くの人やサービスが5Gのメリットを享受することができると言えるでしょう。

★以下の記事もよく読まれています。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら