日本のDX市場の未来は? 日本や世界のDX市場動向と企業の適応について解説

2023.03.01

日本のDX市場の未来は? 日本や世界のDX市場動向と企業の適応について解説

デジタルトランスフォーメーション(DX)の行方については、世界中の企業が大いに注目しています。

DXは世界の企業が最も注目している課題の一つで、日本の企業も例外ではありません。

ここでは、日本や世界のDX市場の動向、DX化とIT化の違い、企業のDX化について解説します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DXとは「デジタル変革」という意味で使われる「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略です。

スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって2004年に提唱されたDXは、「人々の生活を豊かにしていくのは進化し続けるテクノロジーだ」という概念でした。

そのときのDXの内容は、既存の価値観や基本的な骨組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすものであり、取り入れることによって人々の生活をより良いものへと変革することとされています。

今ではビジネス領域で多く使われていますが、本来DXという言葉はより広義な定義で使われていた言葉で「デジタル技術を社会に浸透させて人々の生活をより良いものへと変革する」ことを示しています。

★以下の記事もよく読まれています。

DX関連用語|デジタイゼーションとデジタライゼーション

DXと関連する用語に「デジタイゼーション(Digitization)」と「デジタライゼーション(Digitalization)」と呼ばれるものがあります。

どちらも「デジタル化」と訳されますが、デジタイゼーションとはデジタル化する行為を指し、デジタライゼーションはデジタル技術を活用して新たな事業内容や新規ユーザーを生み出すことを意味します。

例えばデジタイゼーションは、今まで紙ベースで管理してきた顧客リストをデータベース化して検索しやすくしたり、zoomなどのツールを活用して対面会議をオンライン化したり、折込チラシなどのアナログ広告をオンライン広告へ移行することです。

業務フロー全体のデジタル化を指すデジタライゼーションは、デジタル技術を活用して今あるビジネスモデルの変革を目指すものです。

例えば、CDを購入して聴いていた音楽はサブスクリプションサービスを利用して楽しんだり、自家用車の使用状況をインターネット上で管理して空いている時に必要な人へシェアできるようにすることがデジタライゼーションです。

このように、デジタイゼーションとデジタライゼーションはデジタル化する範囲が違います。

DX化とIT化の違い

DX化とIT化の違いは、デジタル化したデータをどのような視点で活用するかということです。

明確な定義があるわけではありませんが、DX化は情報技術を含むデジタル技術を駆使して今あるルールを変革しながら新しい価値を生み出すことをいい、ユーザーや社会に向けた視点で動くことを指します。

一方、IT化は主に社内に向けられた視点を持っており、情報技術(IT)を利用して業務プロセスなどを効率化・コストダウンを目指すこととなります。

このように、DX化とはデジタル技術の活用によって製品・サービスやビジネスモデルに変革を起こすものであり、IT化はDX化する手段としてとらえていいでしょう。

そのため、DX化とはIT化の先にある目的であると考えられ、IT化を達成した後にDX化を行うといった順序で行うことになります。

日本や世界のDX市場|DX市場の今後の動向は

日本や世界のDX市場|DX市場の今後の動向は

日本のDX市場|2030年における国内のDX市場予測

昨今のDX市場は、日本だけでなく世界で拡大し続けています。

もともとデジタル化が遅れていた日本ではDX成長のポテンシャルは高くなっており、その中でも製造業界や金融業界の成長が大幅にアップしたことで今後もDX市場の拡大が予想されます。

市場調査会社の「デジタルトランスフォーメーション(DX)国内市場の調査結果」によると、日本のDXの市場規模は2019年度で投資金額は7,912億円に達しており、2030年度には2019年度比3.8倍とされる3兆425億円に拡大すると予想されています。

製造業では、クラウドサービスの活用によって工場外からのアクセスを可能にしてデジタル環境を搭載した工場にする「スマートファクトリー」と、商品を製造して販売するのではなく商品を活用するためのサービスまでを含めて提供する「サービタイゼーション」を中心に発展が見込まれます。

★以下の記事もよく読まれています。

世界のDX市場予測

さらにDX市場を世界規模で見ると、日本のDX市場に比べてはるかに大きな市場を形成しています。

海外の市場調査が発表したレポートでは、DXの世界市場は2021年の5215億米ドル(約59兆円)となっており、2026年には1兆2475億米ドル(約142兆円)に達すると予測されています。

別の調査会社の調べでも、2020年度の世界的に見たDX市場規模は前年と比べて10.4%の成長を遂げています。

この結果から、国内外を問わず今後もDXの重要性が上がっていくことが予想できます。

DXやAIへの投資は続く

今後もDXやAIへの投資は継続すると考えられます。

社内でシステム構成をクラウド化していく企業は多く、社外からのアクセスも可能とするクラウドファーストの考え方が主流になりつつあるため、DXやAIへの投資が続くと予想されます。

クラウドシステムを活用したシステム開発の数は増大し、DXなどへの先進技術への投資は盛んになり、新規参入してくるデジタル企業がシェアを奪う確率も高くなるかもしれません。

企業がDXを取り入れるメリット

企業がDXを取り入れるメリット

業務効率化を実現できる

企業がDXを取り入れる最大のメリットは、業務効率化を実現でき、生産性の向上が期待できることです。

DXによりデジタルツールやシステムの導入などを行い、デジタル化による業務の最適化が可能になれば、業務フロー全体の構築を実行できます。

業務の効率化が進むことで作業時間の短縮や人件費削減が実現され、他の業務に使える時間や資産が増加するでしょう。

また、新たなビジネス構想に取り掛かることもでき、さらにはヒューマンエラーをなくすことで正確性の向上が期待できます。

事業環境の変化に対応できる

企業がDXを取り入れるメリットとして、事業環境の変化に対応できることもあげられます。

新しい情報がすぐに発信される状況の中では事業環境も目まぐるしいスピードで変化しており、このような状況でさまざまな変化にスピーディーな対応を取るためにはDXの導入が必要不可欠です。

とくに重要なのはユーザーのニーズを的確に把握し、商品やサービスに反映しながら発信する力なので、AIによるデータ分析などを活用していくことになるでしょう。

人間だけでは環境の変化に対応しきれない場面は数多く存在することから、IT技術を駆使してのユーザーファーストでアプローチすることが大切になります。

スピードが求められる業務では、DXを取り入れて事業環境の変化に対応することが成功に繋がる鍵になるかもしれません。

DXに企業が適応する方法

DXに企業が適応する方法

レガシーシステムの刷新

DXに企業が適応するための1番足かせとなるのは、レガシーシステムの存在でしょう。

基幹業務など重要な役割を担うレガシーシステムへの対応次第では市場の変化に柔軟・迅速に対応できず、デジタル競争の敗者になる恐れがあるといわれています。

過去の技術や仕組みで構築されているシステムを刷新するためには、新しく取り入れるシステムを扱う担当者の理解が重要となり、複雑に作り込まれたレガシーシステムをいきなり置き換えようとすると既存業務への負担が大きくなってしまいます。

担当者とのコミュニケーションを図りながら、既存システムとレガシーシステムの見直しを行い、一部の機能を少しずつ新しいものに移行させていくことがDX適応への近道となります。

★以下の記事もよく読まれています。

経営戦略の明確なビジョンの構築

企業がDXを円滑に取り入れるためには、目標やビジョンを明確にし、企業内の理解を深めて連携する必要があります。

分析したユーザーの要望から「このようなサービスを打ち出したい」、業務担当者への聞き取りによる「作業実現に必要なものは何か」などの具体的な目標やビジョンがあればDX化はスムーズに導入できるでしょう。

ビジョンの明確化は経営陣からの承認を取るためにも重要な課題です。

決定権を持つ経営陣はDX化に対する理解度が現場より薄いことが考えられるので、課題や目標、ビジョンなどからリソースや成果予測を検討してから打ち合わせると円滑に進みやすいかもしれません。

まとめ

日本のDX市場の未来は? 日本や世界のDX市場動向と企業の適応について解説 まとめ

さまざまな事柄を合わせるとDXの将来は明るいといえます。

今後は、よりデジタルとの関わりが深くなっていき、IT技術と接する機会も増えるでしょう。

さらに、企業に求められるエンジニアのレベルもアップすることが予想され、プログラミングスキルやITの知識があるだけではなく、ITを駆使したビジネスモデルを形成できる人材の需要が高くなっていきます。

企業サイドもDX化の波に乗り、IT人材の育成や確保、DXリテラシーを向上させることも必要です。

DXの実現はあらゆる企業で必要とされているため、何らかの形での導入が不可欠になってくるかもしれません。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら