Web業界の今後の展望|市場規模やトレンド・将来性を解説

2023.02.21

Web業界の今後の展望|市場規模やトレンド・将来性を解説

同一視されがちなIT業界とWeb業界ですが、明確にはIT業界に属する業種として、WEB業界が存在します。

今回はWeb業界の詳細、市場規模、Web業界のトレンドや将来性などを解説します。

Web業界とは

Web業界とは

Web業界とはインターネットを使ってサービスを提供する業界で、WebサイトやWebサービスの制作事業を行っている業界を指します。

インターネットが誕生したのは今から約50年前まで遡りますが、1990年代後半に勃発したIT革命から20年ほどでWEB業界は著しく大きな成長を遂げました。

インターネット自体は情報を伝達する通信技術でしかありませんが、インターネットを使ったWebサービスを活用することで、人々の暮らしを豊かにしています。

現在では、SaaSプロダクトやSNSやWeb広告、ソーシャルゲーム、eラーニングなどのサービスを提供しており、人々の生活に強く密着していている業界といえます。

Web業界のサービス分類

・ポータル

「ポータル(Porta)」は入口や玄関などを意味する通り、インターネット利用の入り口となるWebを利用したサービス全般を指す言葉です。

検索エンジンGoogle / Yahoo! など

・キュレーション

「キュレーション」は図書館の学芸員を意味する「curator(キュレーター)」から来ているといわれ、必要な情報を収集したうえで見やすくまとめたサイトをキュレーションサイトとよびます。

Smartnews / All About / NAVERまとめ など

・eコマース

「eコマース」は、インターネットを通して売買や契約を行う取引形態で、ECサイトとも呼ばれるネット通販サービスです。

楽天 / Amazon / メルカリ など

・SNS

「SNS」は、インターネットを使うことによって遠くにいる人や言語の違う人などとの交流を促進するサービスです。

Twitter / Instagram / TikTok など

・ソーシャルゲーム

「ソーシャルゲーム」とはSNSをプラットフォームとするゲームで、SNSアカウントとWebブラウザのみで利用できるため専用のクライアントソフトウェアを必要としないサービスです。

パズドラ / モンスターストライク / LINEツムツム など

・Web広告

「Web広告」は、WebサイトやSNSといったインターネット上に掲載される広告サービスです。

ディスプレイ広告 / リスティング広告 / アフィリエイト広告 など

・eラーニング

「eラーニング」は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのデバイスを用いてインターネットを利用し、言語や業務内容などを学ぶ学習形態を指します。

4each / スタディサプリ / DMM英会話 など

・コンテンツ提供サービス

「コンテンツ提供サービス」は、音楽や動画、電子書籍などの電子データ化された情報をオンラインで利用できるサービスです。

Kindle / YouTube / AppleMusic など

Web業界とIT業界の違い

Web業界とIT業界の違い

Web業界はIT業界に属する業種の中のひとつです。

IT業界はインターネット・Web業界を含むさまざまな業界を総称する言葉であり、IT業界を大きく5つに分類すると以下の通りになります。

・Web業界

・通信業界

・ソフトウェア業界

・ハードウェア業界

・情報処理サービス業界

つまり、Web業界とはIT業界に含まれる一分野で、Webサイト制作やWebサービス事業、Webメディア運営事業などの業務を行う企業を総称してWeb業界と呼びます。

Web業界のトレンドや将来性

Web業界のトレンドや将来性

IT技術が発展したことで需要が高まっているWEB業界は、今後も需要が高まっていくことが予想されます。 

Web業界の市場規模

総務省が提供している2019年のインターネット業界の市場規模のデータよると、IT業界全体の市場規模は4兆円とされています。

最新の調査では、政府系シンクタンクや民間調査会社などの各種データによって違いはありますが、IT業界全体の市場規模は少なく見積もっても10~20兆円規模といわれています。

IT化が進む現状をみても、IT業界全体の市場規模は今後も右肩上がりで成長することは確実といえるでしょう。

このような調査の中でWeb業界の市場規模は5兆5,366億円となっており、Web業界はIT市場を牽引する成長を示しています。

近年のインターネット利用状況を鑑みると、ユーザーの嗜好はパソコンからスマホなどの携帯デバイスに変わり、ネット閲覧や検索、ECサイトの利用などもスマホが中心になりつつあります。

このような状況からも、Web業界の勢いは今後しばらく拡大が続くと見込まれています。

Web業界のトレンド

発展を続けているWeb業界では、AI(人工知能)がトレンドとなっています。

例えば、「メルカリ」で出品する商品の写真を撮ると自動でブランドや商品名の候補をリストアップしてくる機能や、「日本交通」などで導入されているタクシー配車アプリ「GO」などはAI機能を使って配信しています。

行政サービスでも、チャットボットでの問い合わせ対応や画像分析の分野での交通量の調査、データ解析で防災に役立てたりとAI機能は導入されているのでAI機能は身近なものといえるでしょう。

加えて、コロナ禍の影響によってeコマースの需要が高まっています。

フードデリバリーの需要が急激に増え、生活必需品の購入を通販に切り替える家庭が多くなり、大きくライフスタイルは変化しました。

また、Web導入に消極的だった企業でも社内のDX化を図ることを始めたり、自社サービスの提供や宣伝にWebを利用したりと、IT企業以外の会社でもインターネットを活用する機会が増えてきています。

これらのことからIoTをはじめとしたWeb活用は広がっており、AI機能だけでなく、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、 さらに通販などのeコマースといったものがWeb業界のトレンドといえるでしょう。

★以下の記事もよく読まれています。

Web業界の将来性は明るい

Webサービスは今後も継続・増加していくと考えられているため、Web業界自体の発展も続きます。

一方、「AI(人工知能)が人間の仕事を奪う」という概念「シンギュラリティ」が2045年に起こると言われ、Web業界の衰退を予想する声も聞こえてきます。

しかし、今のところは人間の能力を超えるとされるAI機能が大幅に飛躍する現象は起きていません。

今後も、サービスを提供する企業や利用するユーザーサイドの意識バランスを調整し続けることが求められるため、AIの開発よりWebエンジニアの需要は高まっていくでしょう。

まとめ

Web業界の今後の展望|市場規模やトレンド・将来性を徹底解説 まとめ

市場規模が拡大し続けているWeb業界は、今後も需要が伸び続けることが予想されるため将来性が高いと考えられています。

特に近年のWeb業界では、ビジネス全体から個人消費者まで多彩な分野でIT技術やサービスが要求されています。

Web開発スピードの速さやトレンドの移り変わりに対応でき、即戦力になるエンジニアは多くの企業から求められるでしょう。

Web業界は、今後もユーザーニーズの変化に対応しながら企業が新たなサービスを生み出し、インターネットの発展に貢献する業界として大きく成長し続ける業界といえます。

★以下の記事もよく読まれています。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら