HR Techとは?導入メリットを知り、戦略人事で経営に活かす!

2023.01.16

HR Techとは?導入メリットを知り、戦略人事で経営に活かす!

人事とIT技術を組み合わせた「HR Tech」の活用が進んでいます。
働き方改革による働き方の多様化に対応し、IT人材不足を解消する手立てとして人事業務を効率的、かつ戦略的に行うためにHR Techが役立ちます。

このページでは、HR Techの概要と導入メリット、具体的なサービス、そして導入を成功させる道筋について解説します。

HR Techとは?求められる理由と導入メリット

HR Techとは?求められる理由と導入メリット

まずは、HR Techの概要と注目されている背景、そして導入するメリットについて解説します。

HR Techとは

HR Techとは、人事「Human Resources」と技術「Technology」を組み合わせて作られた造語であり、人事に関わるあらゆる業務にAIやアナリティクスなど先進技術を取り入れ、人事部門に変革をもたらす技術を指します。

HR Techが注目される背景

HR Techが注目される背景には、次の2つが挙げられます。

働き方の多様化や雇用の流動化による人事業務の複雑化

人事業務は、従業員の労務・勤怠管理のほか、採用活用や人材育成、人事評価など多岐にわたります。近年では、新型感染症や働き方改革の影響を受け、フルリモート勤務の導入や派遣・業務委託の積極的活用など、働き方の多様化が進んでいます。

特にITエンジニアは、雇用が流動的で人材が不足しがちな職種のため、優秀な人材を雇用・定着化させるための人事施策が求められます。

それには、採用業務を一元管理できるシステムや、従業員のスキルや経験、業務状況を可視化できるHR Techが役立ちます。

エンジニア雇用には戦略人事を行う必要性がある

情報処理推進機構の「IT人材白書」によると、20代IT技術者のうち76.1%が「より良い条件の仕事があれば転職を検討する」意向を示していることがわかります。※

企業が新規人材を大量採用し育成したとしても、従業員が業務や人事評価に不満を感じてしまうと、早期離職してしまう可能性も少なくありません。

HR Techを導入して従業員個人にフォーカスした人事評価や育成を行う仕組みを構築することで、従業員のスキル向上、かつ企業の課題や経営に革新をもたらす戦略的人事を行うことにつながります。

※引用元:情報処理推進機構「IT人材白書」

★以下の記事もよく読まれています。

HR Techを導入するメリット

HR Techを導入すると次のメリットがあります。

情報の一元管理が可能になり人事業務が効率化する

HR Techを導入することで、採用に関わる情報や従業員の勤怠・労務管理のほか、個人のスキルまで一元管理することができるため、人事業務が効率化します。

また、クラウドサービスのセキュリティ性も高度化しているため、多くの個人情報や機密情報を手間をかけずに管理できるようになった点もメリットと言えます。

データを基にした定量的な分析で人員配置を戦略的に

タレントマネジメントシステムと呼ばれるHR Techを導入すると、従業員のスキルや経験をデータ化し、企業の事業に成果が上がるための人員配置を示唆してくれます。定量的なデータをもとに判断するため、従業員が納得感のある人事評価が可能になります。

HR Techの具体的なサービス

HR Techの具体的なサービス

HR Techには、人事領域における様々な業務に適したツールがあります。

HR Techサービス1:採用・勤怠・労務管理システム

採用に関わるHR Techサービスには、応募者の情報管理だけでなく、多角的な効果分析を行えるツールがあります。具体的には、応募者の情報や進捗を社内でチャット感覚で共有できる「ジョブカン採用管理」などがあります。

また、従業員の勤怠管理と給与計算を行うシステムや、社会保険や源泉徴収といった労務管理システムを活用すれば、迅速かつ正確に業務を行うことができます。代表的なサービスに「SmartHR」があります。

HR Techサービス2:人事評価・人材管理システム

従業員の人材管理に関わるHR Techを「タレントマネジメントシステム」と言います。従業員の能力や業務状況、部署ごとの残業度合いなどを一元管理し、課題解決と適材適所の人員配置を可能にします。

具体的には、従業員の顔写真とスキルや性格、人事評価を紐づけて社内で共有し、早期の離職防止施策や戦略的な人員配置ができるシステム「カオナビ」があります。

HR Techサービス3:教育・目標・育成管理システム

従業員の教育や育成に関わる分野に特化したHR Techサービスもあります。例えば、内定者研修やリーダー研修、マネージャー研修のほか、資格取得などスキルアップに関わるeラーニング教材(LMS)などがあります。

HR Techサービスを活用することで、従業員のスケジュールに合わせてオンライン受講することも可能です。また、受講歴や試験結果をデータ化することで研修の習熟度や実務への成果を可視化することができます。

例えば「タレントパレット」では、研修の受講歴とその成果のほか、おすすめコンテンツを提示してくれるサービスがあります。

HR Tech導入を成功させる道筋

HR Tech導入を成功させる道筋

最後に、HR Techの導入を成功させるコツについて解説します。

HR Tech導入の手順

まずは、HR Techを導入する手順を確認しましょう。

1.業務の棚卸を行う

HR Techの導入を検討する場合、いきなり各ベンダーのHR Techツールを探すのではなく、まずは既存業務の棚卸を行います。

人事領域で人員が不足している箇所や、社内で離職が多い部署など、解決したい課題やコスト削減が必要な業務の洗い出しを行います。

2.HR Techで代替できる業務を分類し、最適なソリューションを見つける

次に、業務の中に目的が形骸化しているものが無いかを確認し、業務のスリム化を行います。その結果残った業務の中で、HR Techを導入して効率化できるものが無いかを整理したら、そのソリューションとなるHR Techツールを探していきます。

HR Techを選ぶ際には、予算のほか、現在社内で使用している業務システムと連携できることや、アフターフォローが充実していることなどを基準に選ぶといいでしょう。

3.導入プロジェクトを立ち上げる

HR Techの導入にはIT技術への知見が必要な場面もあるため、人事部門だけでなくIT部門やベンダーも含めて行います。

そして、社内のマネジメントに関わる重要なプロジェクトになるため、HR Techに置き換える業務と範囲について念入りに要件定義を行う必要があります。

自社に蓄積している膨大な情報をデータ化して一元化するには多大な労力がかかり、また活用に慣れるまでには時間を要することもあるため、中長期的なプロジェクトとして取り組むと良いでしょう。

HR Tech導入を成功させるには

HR Tech導入を成功させるには、次の2つの点を意識します。

社内体制を整える

HR Techツールを導入することが目的ではなく、社内で効率的に運用し、経営に活かすことが目的なので、導入から運用までの流れをセットで設計する必要があります。

必要に応じて、社内で効率的な利用方法を学ぶ研修の場を設けると、他部署の業務内容や従業員同士の情報を共有でき、コミュニケーションの機会を増やすことにもつながります。

トップダウンだけでなくボトムアップも

個人にパーソナライズした人材育成や人員配置を推進するには、経営層やマネージャーが行うトップダウンの人事評価だけではなく、HR Techを活用してボトムアップの人材管理も期待されます。

例えば、従業員同士がそれぞれのスキルと役割を把握することで、それぞれが組織にどのように貢献できるかを考える機会が生まれます。このように互いの理解を深めることで、納得感をもって業務を行い、帰属意識を高めることにもつながります。

また、人事評価を行う際はHR Techだけを判断材料にせず、従業員の日頃の勤務態度や行動を含めて、最終的には人が公正に判断するのが適切です。

まとめ

HR Techとは?導入メリットを知り、戦略人事で経営に活かす! まとめ

HR Techについてまとめると、人事領域にIT技術を組み合わせて業務の効率化と戦略的な人材管理を行うことを目的にした技術と言えます。

HR Techが注目されているのは、働き方の多様化により人事業務が複雑化したことや、深刻化したIT人材不足を解消する手立てとして戦略的人事が必要になったことが背景と言えます。

HR Techを導入すると、人事業務を一元管理して効率化することができる点や、定量的な分析で戦略的な人員配置が可能になります。

HR Techには、採用・勤怠・労務管理システムのほか、人事評価・人材管理システム、教育・目標・育成管理システムなどがあります。

これらの導入を成功させるには、既存業務の棚卸を行い、中長期的な導入プロジェクトを立ち上げて活用する体制を整える必要があります。

また、経営陣やマネジメント層だけでなく、従業員自身が企業に貢献できる方法を考えるボトムアップ式の人事評価・育成システムが求められるといえます。

戦略的にHR Techを導入し、従業員と共に理想の人材管理が可能になれば優秀な人材の定着と企業の成長につながります。ぜひ自社に合うHR Techを探してみてください。

★以下の記事もよく読まれています。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら