開発におけるステークホルダーマネジメントの重要性|リモートワークでこそステークホルダーマネジメントは必要

2022.12.14

開発におけるステークホルダーマネジメントの重要性|リモートワークでこそステークホルダーマネジメントは必要

 開発そのものの命運を握っていると言っても過言ではないステークホルダー。

ステークホルダーマネジメントを怠ってしまうと、スケジュールの遅延やコストカット、最悪の場合はプロジェクトの中止などのリスクをはらんでいます。

このことから、ステークホルダーマネジメントもシステム開発を行う需要な業務のひとつと言えます。

今記事では、ステークホルダーマネジメントの意味や重要な理由を説明し、スタンスや分析方法、ステークホルダーマネジメントについて解説します。

開発管理におけるステークホルダーマネジメントとは

ビジネスにおける「ステークホルダー」とは、その案件に「直接、または間接的に関わる利害関係者」という意味です。

ステークホルダーは企業や組織、プロジェクトによって定義が若干異なるので、「何に対しての」ということが重要になってきます。

「開発におけるステークホルダーマネジメント」と言えば、「開発プロジェクトに関わる利害関係者の管理」ということになります。

一般的に、開発プロジェクトのステークホルダーに該当するのは、プロジェクトメンバーはもちろん、自社の経営層や株主、社外からプロジェクトを発注したクライアント企業などが当てはまります。

場合によっては金融機関や行政機関、取引先、企業と関わりがある地域社会や自治体、地域住民までステークホルダーであるというケースもあります。

本来、ステークホルダーは株主を指す言葉でしたが、言葉が浸透する過程で企業の経営や取引先なども加わり、プロジェクトに影響を与える利害関係者全体を指すようになりました。

したがって、ステークホルダーマネジメントとは「すべての利害関係者の管理をする」という意味になります。

管理といってもステークホルダーの気持ちや気分などは数値で表すことができないので、普段からコミュニケーションを密に取ることを意識し、良好な関係を築かなければなりません。

ステークホルダーマネジメントが重要になる理由

ステークホルダーマネジメントが重要になる理由

プロジェクトの進行を円滑に進めるためには、ステークホルダーマネジメントも重要な要素のひとつになります。

ステークホルダーには多くの対象者が存在するため、その中にはプロジェクトに否定的な人も存在します。

決定権を持つステークホルダーが否定派だったり、金融機関や行政機関などが二の足を踏んでいる状態になると、プロジェクト全体のスケジュール遅れや資金調達の不足に繋がりかねません。

そのため、マネジメントを構築しながら、否定的なステークホルダーといかに関係を良好にしていくかが重要になります。

普段からステークホルダーを含めた関係者と密にコミュニケーションを取ることで、ステークホルダーからの不満やクライアントからの要望追加、さらに、チーム内での仕様変更なども事前に把握できるようになるでしょう。

さらに、ステークホルダーマネジメントを適切に機能させることで、プロジェクト自体の協力者を増やすことができるかもしれません。

このように、ステークホルダーマネジメントはすべての利害関係者全員を管理することで、良好な関係を築き、円滑にプロジェクトを進行することを目的とした重要な業務なのです。

★以下の記事もよく読まれています。

リモートワークでもステークホルダーマネジメントは必要

リモートワークでもステークホルダーマネジメントは必要

リモートワークを行っていてもステークホルダーマネジメントは必要です。

オフィスやメンバーから離れて仕事をするリモートワークは、特別なことでなく一般的な働き方として定着しつつあります。

リモートワークにはコストの削減や離職率の低下など、さまざまなメリットがありますが、その一方でスケジュール管理やコミュニケーション不足といったデメリットも見えてきました。

リモートワーカーの中には、コミュニケーション不足により孤立感を覚える人もいるようです。

実際にプロジェクトを動かしているメンバーでさえコミュニケーション不足を感じている状況なら、同じように感じるステークホルダーもいるでしょう。

ステークホルダーが不安定な環境になると、プロジェクト進行が危ぶまれるので、リモートワークを行っていてもステークホルダーマネジメントは必要なのです。

ステークホルダーのスタンスと分析方法

ステークホルダーのスタンスと分析方法

ステークホルダーのスタンスと分析方法を解説します。

ステークホルダーのスタンスを端的に表すと、協力的・中立的・対立的というプロジェクトに対する姿勢によって変わります。

加えて、ステークホルダーが持つプロジェクトに対する権力や関心度なども考えなければなりません。

ステークホルダーの影響力が強いほど、対応の優先度やリソース配分の決定に気を配る必要が出てきます。

そこで、ステークホルダーを分析する2つの方法を紹介します。

1.関係者全体の考え方を把握する

ステークホルダーマネジメントを行う前に、ステークホルダーを含めた関係者全体を対象にした分析が必要です。

特定のステークホルダーは、プロジェクトに対して好意的なのか、否定的なのか、中立なのか、どのような考えを持っているのかを把握します。

そして、今回のプロジェクトでステークホルダーが潤滑油になるか、障害になるかどうかを見極めなければなりません。

ここで認識を誤ってしまうと、実際のプロジェクトスケジュールに大きな影響を与えかねないので注意が必要です。 

2. ステークホルダーの影響力を図る

ステークホルダーの考え方を把握すると同時に、その影響力を図ります。

ステークホルダーが持つ影響力とは、開発システムプロジェクトに対する決定権や関心度の高さです。

ステークホルダーの影響力を図るには、プロジェクトに関する決定権や利益率、さらに、開発システムに対しての知識、人材や資産へのサポートを計算してください。

影響力を正確に図ることで、連絡・相談・報告のボリュームや優先度が明確になります。

ステークホルダーマネジメントを行う際は、特に影響力が強いステークホルダーに対して、コミュニケーションに時間をかけましょう。

ステークホルダーマネジメントの3つのプロセス

ステークホルダーマネジメントの3つのプロセス

・ステークホルダーを選定する

・ステークホルダーマネジメント計画を立てる

・ステークホルダーの満足度をアップさせる

ステークホルダーを選定する

ステークホルダーマネジメントで最初に行うのは、プロジェクトに関係するステークホルダーを選定することです。

その際には、直接的なステークホルダーを特定するだけでなく、組織全体や取引先などの間接的なステークホルダーもリストアップしていきましょう。

クライアントや株主はもちろん、所属するメンバーや顧客、行政機関、自治体や地域コミュニティなどもその対象となります。

場合によっては、間接的なステークホルダーが重要な影響を与えるケースもあるため、常に目配りをしておくことが大切です。

また、フェーズによってステークホルダーが増減することもあるので、ステップごとにステークホルダーの選定をしておいてください。

ステークホルダーマネジメント計画を立てる

ステークホルダーを選定した後は、ステークホルダーに対しての関わり方をマネジメントします。

ステークホルダーマネジメント計画において、プロジェクトにどのように関わってもらうか、という戦略を立てることはシステム開発を行ううえで非常に重要です。

そのため、ステークホルダーごとに詳細な計画を立てることをおすすめします。

各ミーティングに加わってもらうのか、特定の報告会への参加でいいのか、進捗状況の報告メールだけでいいのか、または、ディスカッションを定期的に開催する方がいいのか、などを決めます。

選定したステークホルダーの役割や影響力によっても、ステークホルダーマネジメント計画は変わってきますが、重要度を元に合理的なスケジュールを組むことでプロジェクトはスムーズに進むでしょう。

ステークホルダーの満足度をアップさせる

ステークホルダーの満足度をアップさせることも重要なマネジメントワークとなります。

プロジェクトがスタートした後もステークホルダーの管理は必要なので、会議やミーティング、ディスカッションごとに満足度や期待値を図りましょう。

プロジェクトが計画通りに進んでいない場合やトラブルが発生している状況でも、解決法や代替案を提出することにより極端なイメージダウンは避けられます。

プロジェクトの理解度が低いステークホルダーが参加している場合は、シンプルで分かりやすく伝えることを心がけ、専門用語の多用は避けてください。

常に、メールやチャットツールなどを使ってリアルタイムでコミュニケーションを図っておくと、会議やミーティング、ディスカッションの際にステークホルダーの理解度は上がり、満足度や期待値もアップするかもしれません。

ステークホルダーマネジメントのコツ

ステークホルダーマネジメントのコツ

ステークホルダーの信頼を得る

ステークホルダーマネジメントで大切なのは、プロジェクトマネージャーを始めとした開発チームのコミュニケーションスキルを磨くことです。

その理由は、日頃から積極的にコミュニケーションを取り合うことで、人間関係を円滑にするからです。

そのため、プロジェクトに関与するステークホルダーとは、自然体で話ができる状態を保っておき、信頼を得ておきましょう。

信頼関係を築くには、コミュニケーションスキルの中でも「交渉術」や「聞く力」を鍛えておき、「表現力」を身に付けておくと、ビジネスにおいて比重の大きい「説得力」を高めることができます。

つまり、ステークホルダーマネジメントのコツとは、コミュニケーションを意識的に多く行うことにあります。

ステークホルダーマネジメントは1人だけで実行しない

ステークホルダーマネジメントを1人だけで行っていると、ステークホルダーとの関係を悪化させてしまうリスクが生まれます。

ステークホルダーマネジメントは人間関係の構築作業なので、合わない相手ともコミュニケーションを図らなければなりません。

協調性を持って意思疎通を図ろうとしても、合わない人とはお互いの理解を深めることが難しいでしょう。

プロジェクトマネージャーが一人でステークホルダーマネジメントを行っている場合でも、ときにはプロジェクトチームやプロジェクトリーダー、別のステークホルダーにも協力を仰いでください。

複数の人が関わることによって、ステークホルダーの不満や要求を敏感に察知できるようになります。

まとめ

開発におけるステークホルダーマネジメントの重要性|リモートワークでこそステークホルダーマネジメントは必要 まとめ

開発におけるステークホルダーマネジメントとは、開発プロジェクトに関わる利害関係者の管理という意味です。

ステークホルダーに当てはまるのは、経営層や株主、クライアント企業だけでなく、金融機関や行政機関、取引先、企業と関わりがある地域社会や自治体、地域住民などもステークホルダーに該当するケースもあります。

多様なステークホルダーをマネジメントするのは大変な作業ですが、ステークホルダーマネジメントの目的は、ステークホルダーと良好な関係を築くことで仕事をやりやすくしてプロジェクトの進行を円滑に進めていくことにあります。

とくに、コミュニケーション不足になりやすいリモートワーク中は、ステークホルダーマネジメントを意識するといいでしょう。

コミュニケーションが良好であれば、仕事のしやすさからプロジェクトメンバーの意欲が高くなり、効率的にシステム開発を進めていくことができるでしょう。

★以下の記事もよく読まれています。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら