ラボ型開発とは?導入メリットと注意点を知り開発効率を高めよう!

2022.12.13

ラボ型開発とは?導入メリットと注意点を知り開発効率を高めよう!

IT人材不足の解消につながり、アジャイル開発手法とも相性が良い「ラボ型開発」に注目が集まっています。

このページでは、オフショア開発との関係性や請負型開発との違い、またラボ型開発を導入するメリットと導入における注意点について解説します。

ラボ型開発とは

ラボ型開発とは

まずは、ラボ型開発の概要とオフショア開発や請負型開発との関係について解説します。

ラボ型開発の特徴

ラボ型開発とは、外部にエンジニアチームを構築し、3か月間から1年間の中長期間にわたって開発と運用を依頼する手法です。

開発企業は、依頼元の企業とプロジェクトの要件を協働して定義し、リリース後の修正も含めた業務を担当します。

ラボ型開発とオフショア開発の関係とは?

ラボ型開発について定義する際、しばしばオフショア開発との関係性が言及されています。

ラボ型開発の定義1:オフショア開発センター(ODC)と同義
オフショア開発とは、海外のIT企業や子会社にシステム開発を依頼することをいいます。

オフショア開発には、チームが在籍する海外の開発オフィス「オフショア開発センター(ODC)」があり、ラボ型開発と似た意味をもつため「ラボ型開発=オフショア開発」と認識されています。

ラボ型開発の定義2:「地方型」と「海外型」に分類
ラボ型開発は、地方のIT企業に外注するケースもあるため、オフショアを「海外型」とし、それ以外を「地方型」とする認識もあります。

いずれの定義であっても、ラボ型開発は都心部で開発チームを集めるより人件費を抑えられ、IT人材不足を解消する手立てとして期待されている手法と言えます。

★以下の記事もよく読まれています。

ラボ型開発と請負型開発、契約内容の違いとは?

ラボ型と請負型は、システム開発をアウトソーシングする点は共通していますが、契約内容に違いがあります。

請負型開発
請負型開発は、成果物が納品された時点で契約が満了します。

例えば、SIer企業が下請け企業に開発を依頼するパターンが一般的です。この場合は、SIer企業が要件定義を行い、仕様や納期を決定した上で発注するため、成果物の納品がゴールとなります。

そのため、スケジュールを立てやすく開発にかかる費用が明確な一方、途中で仕様を変更したり修正を加えたりする要望には順応に対応しにくい傾向があります。

また、開発したいプロジェクトの仕様や全体像が曖昧だと、開発にかかるコストやスケジュールが立てにくくなる恐れがあります。

請負型開発は、システムの要件が決まっており、途中で変更する見込みが少ないプロダクトに適しています。

ラボ型開発
ラボ型開発は、プロジェクト開発に必要な人手を確保できることを取り決める契約です。

そのため、契約期間内であれば複数のシステム開発を依頼することもできるため、継続してシステム開発を外注したい場合や、複数の案件を同時に進行させたいときに役立ちます。

ラボ型開発のメリットと相性の良い案件

ラボ型開発のメリットと相性の良い案件

次に、ラボ型開発のメリットと導入に相応しい案件について解説します。

ラボ型開発のメリット1:優秀なエンジニアを中長期的に保有できる

ラボ型開発は、期間を定めてエンジニアをアサインできる仕組みのため、自社のプロジェクトに合わせて自由に活用することができます。

<向いている案件>
継続的に案件を抱えていて人手が不足している場合や、既存の自社サービスの運用や改善を行う必要がある場合に向いています。

★以下の記事もよく読まれています。

ラボ型開発のメリット2:人件費を低く抑えられる

「地方型」と「海外型」どちらの場合でも、都心部のエンジニアを雇うよりも人件費を削減できるというメリットがあります。

例えば、厚生労働省の最低賃金に関するデータによると、地方の人件費は都心部の79〜90%※ほどに設定されています。

また海外の企業に外注する場合、委託先は日本より賃金が低いベトナムやミャンマーといった東南アジアの国が一般的なため、人件費を削減することができます。

※引用元:厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧」

<向いている案件>
大規模なシステム開発を長期にわたって行う場合は、多くのエンジニアが必要になるため、地方や海外からエンジニアをアサインすることで人件費を抑えることができます。

ラボ型開発のメリット3:仕様の変更に対応しやすい

ラボ型開発は、契約期間内であればエンジニアを自由に活用できるため、開発の工程や仕様の変更に合わせて活用することができます。

例えば、ラボメンバーとして5人のエンジニアにシステム開発を依頼する場合、最初の数か月はメンバー全員に新規開発を依頼し、リリース後は必要に応じて3人のメンバーに追加機能の実装、残りの2人にバグの修正対応を依頼するということもできます。

<向いている案件>
Webサービスやゲーム、スマホアプリなどの開発にはアジャイル開発手法が導入されており、仕様の変更に対応しやすいラボ型開発と相性が良いと言えます。

ラボ型開発のメリット4:ノウハウをブラッシュアップできる

請負型では案件ごとにチームを編成するため、毎回一からニーズや仕様のすり合わせを行う必要があります。

一方でラボ型は長期的に自社の開発チームとして機能するため、案件を重ねるたびに開発ノウハウが蓄積されていきます。

ノウハウをブラッシュアップし続けることで開発スピードとプロダクトの品質向上につながります。

<向いている案件>
継続的に案件が発生する場合や、ある特定の分野に特化した案件を抱えている場合にもラボ型開発は適しています。

特に、AI技術など最先端技術を活用したシステム開発を行う場合は、高度なスキルを必要とするため、必要なスキルを有したチームを編成できると良いでしょう。

ラボ型開発の注意点

ラボ型開発の注意点

最後に、ラボ型開発を導入する際に把握しておきたい注意点を解説します。

ラボ型開発の注意点1:開発チームの構築に時間がかかる

ラボ型開発は、依頼者側も要件定義を行いながら、ユーザーのニーズや傾向など様々な要素をチームに落とし込んでいく必要があります。

そのため、チームが機能するまでに時間がかかり、体制作りに苦労することがあるかもしれません。

また、依頼先を選定する際も、開発企業の実績やコミュニケーションの頻度を確認しておく必要があります。

ラボ型開発の注意点2:人材リソースを無駄にしない活用方法を検討する

アサインした人材を有効に活用するためには、継続的に案件を用意することや、プロジェクトの方向性を固めておくことで、スムーズな運用につながります。

★以下の記事もよく読まれています。

ラボ型開発の注意点3:費用対効果が最適か確認が必要

開発を依頼する案件の量が少ない場合や、予定より早く終了した場合でも、契約期間中は費用が発生します。

開発を依頼する前に、契約期間と案件の量が相応しいことや、万が一早く開発が完了した場合でも、他に発注できる仕事があるか確認しておきましょう。

まとめ

ラボ型開発とは?導入メリットと注意点を知り開発効率を高めよう! まとめ

ラボ型開発についてまとめると、コストを抑えられる地方や海外に専属のエンジニアチームを構築し、開発と運用を中長期的に外注する手法といえます。

請負型開発がプロダクトの納品をゴールとしているのに対し、ラボ型開発はプロダクトの開発から運用保守に至る工程で、エンジニアを確保できるという特徴があります。

ラボ型開発は、継続して案件が生じる場合やアジャイル開発に適しています。

しかし、開発チームの構築には時間がかかることや、一定量の案件が無ければ費用対効果が下がってしまうことを念頭に置く必要があります。

それでも、ラボ型開発を活用することでIT人材不足解消と地方人材の有効活用につながると言えます。

ラボ開発導入時に地方のエンジニアを活用したいと思ったら、ぜひふるリモのようなマッチングサービスを利用してみてください。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら