VSCodeの拡張性と機能性を活かしてリモート開発を効率化させる!

2022.12.06

VSCodeの拡張性と機能性を活かしてリモート開発を効率化させる!

Stack Overflowが発表している開発環境ランキングで、2022年度も最も人気があるとされた「VSCode(Visual Studio Code)」※。

機能性と拡張性の高さゆえに多くのエンジニアに利用されており、リモート開発でも効率化を進めるツールとして注目されています。

このページでは、VSCodeの概要と導入するメリット、そしてリモート開発ではどのように活用できるのかについて解説します。

※引用元:Stack Overflow「2022 Developer Survey」

Visual Studio Code(VSCode)とは?

Visual Studio Code(VSCode)とは?

まずは、VSCodeの概要について解説します。

VSCodeとは

VSCodeとは、Microsoftが2015年に開発したオープンソースのプログラミングエディタです。

厳密にいうとIDE(統合開発環境)ではありませんが、プラグインをインストールすることでIDEと変わらない開発環境を整備できます。

VSCodeを活用すると、通常プログラミングで必要なテキストエディタ、コンパイル、デバッグ、バージョン管理といった環境を構築する手間が省け、すぐに開発を進めることができます。

VSCodeとVisual Studioとの違い

VSCodeに似たものとして「Visual Studio」がありますが、こちらはIDE、つまり統合開発環境になります。

Visual Studioはエディタ機能だけでなく、Webサイトやアプリケーションを構築する機能も組み込まれている統合開発環境です。

Visual Studioは、高機能なため動作が重くなる傾向がありますが、VSCodeは動作が軽いため、小規模なアプリの開発に適しています。

VSCodeを導入するメリット

VSCodeを導入するメリット

次に、VSCodeを導入するメリットを解説します。

VSCodeはオープンソースで導入しやすく、情報が豊富

VSCodeは無償で利用できるオープンソースであり、GitHubにソースコードが公開されているので、誰でも使いやすいエディタです。

そして、VSCodeは公式サイトからファイルをダウンロードすればインストールできるという手軽さから、プログラミング初心者でも利用しやすい点も特徴です。

また、開発元のMicrosoftが詳しく公式ドキュメントを公開しているので、疑問が生じたときに解消しやすい点もエンジニアにとって利便性が高いと言えます。

VSCodeは様々なOS、多言語に対応

VSCodeは、WindowsやMac、Linuxと多くのオペレーティングシステムに対応しており、インストール方法やOSの引継ぎなどもスムーズに利用できます。

また、PythonやPHPのようなスクリプト言語のほか、RubyやSwift、Goなど、主要な言語に対応しているので、言語に合わせてエディタを切り替える必要がない点も機能的です。

VSCodeは拡張機能が豊富なのに動作が軽快

VSCodeは拡張機能が豊富なので、開発したいプロダクトや使用言語に合わせて必要なプラグインを利用することができます。

例えばPythonを使う場合、インタープリタの選択を簡略化してくれる「Python」や、リアルタイムでデバッグをしてくれる「AREPL for python」のような拡張機能があります。

また、システム開発では欠かせないバージョン管理やクラウド環境との接続も可能なため、好みの開発環境にカスタマイズすることができます。

そして、高機能なのにも関わらず動作が軽快なため、エンジニアにとってストレスが少なく作業できる点も大きなメリットと言えます。

VSCodeには便利機能が豊富

VSCodeには、プログラミングを効率化させる便利機能が豊富に備わっています。
例えば「入力補助機能」では、後に続く言葉を自動で表示してくれるため、コードを忘れがちなプログラミング初心者に役立ちます。

また、色やフォントを自動で変え、エラーを発見したりコードを読みやすくしたりする「シンタックスハイライト」機能のほか、ショートカットキーやデバッグ機能なども装備されています。

VSCodeはリモート開発に役立つ機能も装備

VSCodeはリモート開発に役立つ機能も装備

VSCodeには、リモート開発で役立つツールも豊富にあります。

リモートワーク開発環境に役立つVSCodeのツール

リモート環境で円滑に開発を進めるVSCodeのツールに、次の2つがあります。

VS Code Remote Development
こちらは、ローカルPCのVisual Studio Codeからサーバ上にあるファイルを直接編集できる拡張機能パックです。

インストールも容易でiPadなどからもアクセスできるので、リモート環境でもすぐに開発環境を構築することができます。

Visual Studio Live Share
この機能は、リモート環境でコードレビューを行うときに役立つ機能です。
同じ現場にいないエンジニア同士が、それぞれのパーソナライズしたVS CodeやVisual Studioを使用しながら、同じコードを同時に編集、デバッグすることができます。

共同編集、共同デバッグのほか、メンバー間でチャットをすることもでき、オフラインに近い環境で開発を進めることができるでしょう。

リモート開発でVSCodeを利用するときの注意点

VSCodeをリモート環境で利用する際には、次の注意点があります。

目的に合わせた機能の追加を
VSCodeは、機能が豊富なことがメリットですが、豊富すぎて使いこなせないことがある点がデメリットと言えます。

拡張機能を導入し過ぎると、不要に動作が重くなり利便性が下がってしまうため、必要に応じて機能を追加していくと良いでしょう。

プロジェクト内でルールを統一することが重要
VSCodeの拡張機能の中には、バージョン管理ツールも備わっています。
例えば、「インデントを規則に沿って自動的に揃える」という機能の場合、規則が人によって異なるとバージョン管理ツールによって相違が生じます。

規則をメンバー間で統一できていなければ、あるメンバーが作ったプログラムを他者が修正したときに違う規則に更新され、コードが複雑になってしまうこともあり得ます。

バージョン管理ツールを使用する前にチーム内でルールを統一しておくことで、リモート環境でもスムーズに共同作業ができます。

まとめ

VSCodeの拡張性と機能性を活かしてリモート開発を効率化させる! まとめ

VSCodeについてまとめると、機能性と拡張性が高く、プラグインをインストールすることでIDEと変わらない開発環境を整備できるプログラミングエディタであると言えます。

VSCodeはオープンソースであり、OSを問わずインストールすることができるため、すぐに開発環境を構築できます。

また、ソースコードやドキュメントが公開されていることや、プログラミングを効率化させる便利機能が豊富なため、プログラミング初心者が利用しやすい点もメリットです。

そして、拡張機能が豊富で多言語に対応するため、開発したいプロダクトや使用言語に合わせて利用できる点も特徴です。

リモート開発に役立つ機能として、VS Code Remote DevelopmentやVisual Studio Live Shareもあります。

目的に合わせて必要な機能を追加し、チーム内でルールを統一することを配慮しながら活用すれば、開発の効率化に役立つでしょう。

小規模なシステム開発を効率的に進めたい場合や、迅速に開発環境を構築したい場合は、ぜひVSCodeを利用してみてください。

★以下の記事もよく読まれています。

人材不足でお悩みの企業様へ

IT業界では長年課題となっている「慢性的な人材不足」と「案件の低単価化」…

この課題を解決するBtoBマッチングサービスがあるのをご存じですか?

その名も「ふるリモエンジニア」。

ふるリモエンジニア」は、フルリモート案件に特化し、システム開発案件を発注したい企業と受注したい企業を直接つなげることで、全国から開発リソースの確保することが可能になります。

人材不足でリソースを確保したい

リソース不⾜が原因で、 相談や依頼のあったシステム開発の受注を断念した経験はありませんか?

ふるリモエンジニア」では、開発体制の⼀部をフルリモート化することで、全国の実績豊富な開発企業と協業体制を築きます。

人材不足、リソース不足でお困りの企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

発注企業様向けに新しく『Freeプラン』をリリースいたしました。

今だけ『初期費用0円キャンペーン』実施中のため、「完全無料」で当サービスの利用を開始していただけます。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※案件のご掲載をご希望の場合は、有償プランへのアップグレードが必要となります。

エンジニアをお探しの企業様へ フルリモート開発で人材不足を解決!まずは資料請求してみませんか?

案件を獲得したい

ふるリモエンジニア」は、システム開発を依頼したい企業と直接つながることができるBtoBマッチングサービスです。

フルリモート案件に特化することで、全国どこでも開発が可能となり、いままで断念していた案件の獲得も可能となります。

案件を獲得したい企業様はぜひ一度ご相談ください。(詳細はコチラ)

案件をお探しの企業様向けに『お試しキャンペーン』を実施しております。

キャンペーン期間中は、エンジニア登録2名様まで「完全無料」で当サービスをお試しください。

ぜひ、この機会に「ふるリモエンジニア」へお申し込みいただき、サービスをお試しください。

※3名様以上のご登録をご希望の場合は、有償プラン月額11,000円へのアップグレードが必要となります。

お試しキャンペーン

フルリモートに特化した開発案件が見つかる!まずは資料請求してみませんか?

アバター画像

ふるリモ編集部

ふるリモメディア編集メンバーが不定期で更新します。
システムエンジニア業界と社会の動向から今話題の最新トピックまで、わかりやすく紹介します!

関連記事Related article

おすすめ記事Recommend

ジャンルから記事を探すSearch by genre

カテゴリから記事を探すSearch by category

案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら案件をお探しの企業様へ フルリモートに特化した開発案件が見つかる「ふるリモエンジニア」のサービス詳細はこちら
エンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちらエンジニアをお探しの企業様へ ふるリモエンジニアならBtoBでエンジニアの⼈材不⾜を解決!サービス詳細はこちら